というわけで(?)私も両親から虐待を受けていました!

 

父親からは無視という暴力、母親からは言葉の暴力。

目に見えない暴力は表面化しづらいし自覚しづらいし他人にも伝わりづらい。

私も倒れて死にかけるまで普通の家庭で育ったと思ってました。

 

父親が家族を完全無視、誰かがケガして泣いてても素通り、

子供のころにまともに話したことも一緒に出かけたこともないということがどれだけ異常なことだったのかいまだによくわかりません。

うちはそれが当たり前だったので。

 

そして父親がおかしかったので苦労してる母親を「可哀想」「とてもいい母親」と思い込んでいたのですが、ところがどっこい母親にもばっちり当たられたしひどい言葉で責めぬかれたということをようやく自覚しました。

本当によくやってくれたとは思うのですが、「私はこんなにやってあげてるのに!」という空気がたまらなかった。

私も弟も非常に強い罪悪感を植えつけられて育ちました。

自分を犠牲にした子育てのしわ寄せは必ず子どもにくるなと思います。

 

ただ今自分も結婚して思うのは、子ども二人を一人で育てて夫に毎日無視され、

夫婦で出かけることが一切なかった母の気持ちはどんなものだったんだろうということです。

私たちがどれだけ傷ついたか親にはわからないように、

私にも母親がどれほどの思いを抱えていたのか想像もつきません。

 

まあいろんなことがありましたが、

私も今「虐待ならしょうがないか!」という気持ちです。

長年あれは普通だった、たいしたことじゃなかったと自分を麻痺させて生きてきたのですが、あの環境は地獄だったと認めていいんだと思えました。

 

私は十何年もかけて「両親から受けたのは虐待だった」と思うことを許せたのです。

 

 

 

 

広告を非表示にする