牛乳石鹸のCM

 


牛乳石鹸 WEBムービー「与えるもの」篇 フルVer.

 

 

牛乳石鹸のCMが世間でけっこう批判されていますが、

私は「正しい父親像がわからないまま父親になってしまった男の苦悩と葛藤がよく描かれている映像」だと思いました。

 

ゴミ捨ても、誕生日プレゼント買うのも、面倒くさいんじゃないんですよ。

わからないんですよ、自分の父親から同じことをされていないから。

それが正しいことかどうなのかが。

 

叱られている部下と飲みに行ったのも、

父親によく怒られた自分と重なって見えてるから。

フォローせずにはいられないんですよ。逃避じゃないんです。

 

父親が厳しかったから反面教師にしたい気持ちがあるが、そんな環境で育ったために気が弱く、これでいいのかと自問自答する姿」がほんとによく描けてると思いました。

誰もが自分の親を手本や反面教師にしながら自分の理想の親像を模索していく…ってけっこう普遍的なテーマだと思うのですがそうでもないのかな〜…

 

ちゃんと謝ってるし、誕生日祝ってるし、ゴミ捨てしてるし、いい父親であろうとしている一生懸命さが伝わってきました。

ゴミ捨てのシーンはいらんだろ、という意見も目にしましたが、ゴミ捨てこそ父親はやっていなかったけど自分は家族のために続けていることの象徴でしょう。

あれは「答えは簡単に出ないながらも日常の中に自問自答は続いていく」ていう需要なカットだと私は思いました。

 

「さ、洗い流そ」ていうコピーの石鹸のCMにはそぐわなかったかもしれない。ドラマか映画だったらよかったのかも。

でも私は稚拙とか駄作だとは思わなかったです。いい作品でした。

おそらく一般的な父親がいる家庭像からは少し遠い環境で育ったであろう主人公に共感したし、「どうしていいかわからない」気持ちがよく理解できるような気がしました。

 

きっと育った環境によっても受け止め方が変わってくるのだと思います。

こういう感想もある、ということで記してみました。